雨漏りの修理・補修

雨漏りの原因が特定できたら、いよいよ修理・補修を行います。雨漏りのひどさの度合いによって、必要な処置は変わってきます。ここでは雨漏り補修の基本的な考え方と応急処置、そして単なる補修とは異なる雨仕舞い施工についてご説明します。

雨漏り補修の考え方
雨漏り診断
雨漏り補修に取り組む際は「雨漏りと長くつきあう」という信念を持っていなければなりません。建設会社によっては「建物が傷めば雨漏りが起こっても仕方ない」というスタンスの所もあるようですが、原因がわかれば止められない雨漏りはないのです。もちろん原因特定が難しい雨漏りもありますが、あきらめる必要はありません。たとえ不良施工が原因で欠陥のある建物だったとしても、必要な工事を行えば必ず快適に生活できる空間に生まれ変わるのです。雨漏り奉行は外装劣化診断士、雨漏り診断士、一般耐震技術認定者などが揃ったプロ集団であり、施工スタッフにも一級建築士などが控えていますので、粘り強い雨漏り対策をお約束します。
応急処置とは?
雨漏り補修
雨漏りの中には素人の方でも応急処置できるものもあります。例えば排水口を掃除してみる、ブルーシートで疑わしい部分を覆う、防水アルミテープを貼る、シリコン補修を行う。ただし、簡単に処置できる部材は簡単に破損してしまいます。あくまで応急処置なので、最終的には本格的な修理が必要になるでしょう。例えばサイディング外壁には必ずシーリングが行われていますが、このシーリングが劣化したり、サイディングに割れが生じたりしていると雨漏りを起こすことがあります。外見上は大した損傷ではなくても内部では構造体が腐っている場合があるので、大掛かりな補修が必要になることもあります。しかし、原因さえわかれば雨漏りは必ず直るのです。
雨仕舞い施工とは?
雨漏り補修の中でも特別な位置を占めているのが雨仕舞い施工です。雨漏り補修の場合は「いかに穴を塞ぐか」「いかに雨水の浸入を防ぐか」に重点が置かれますが、雨仕舞い施工では雨を「出す」ことに重点を置きます。つまり雨水をせき止めるのではなく、積極的に外に逃がすための経路を作るのです。この発想がないと、例えば屋根周りをガチガチに固めて雨漏り対策をしたけれども、一部から浸水した時に雨水が屋根の中に溜まってしまい、逆流して予想もしないところから漏れ出すということにもなりかねません。雨仕舞いのわかりやすい例は藁葺き屋根で、雨が入ることを防ぐより外へ流れ出させることを重視した作りになっています。雨漏り奉行は雨仕舞いの発想も用いて柔軟な雨漏り対策をご提案します。
雨漏り診断を依頼するにはどうればいいの?
お問い合わせはこちら
「本当の外装リフォーム」に出合う本
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。