雨漏り診断に関する費用

ヒアリングや検証、散水試験は無料で診断します。診断結果を元に補修や修理を行う場合は別途費用をいただきます。

散水調査(無料)
散水調査
現場を見ても診断が難しい場合があり、本格的な雨漏り再現調査が必要になることがあります。この再現調査に使われるのが散水調査です。ヒアリングや目視検査で立てた仮説に基づき、実際に散水することで雨漏りの原因と推察される箇所に雨天時・豪雨時と同じ状況を作り出します。場合によっては高圧散水機を用います。本物の水を用いることで雨水の浸入経路の特定を目指すわけです。
建物の構造を熟知していないと十分な成果を上げることが難しい調査ですが、雨漏り奉行にはスペシャリストが揃っていますので、安心してご依頼いただくことができます。なお、高圧散水機などを用いる場合や調査の困難な場合は、費用がかかります。
サーモグラフィー診断(無料)
赤外線調査
サーモグラフィー診断は赤外線診断とも呼ばれます。雨漏りの浸入口は簡単に見つかることもありますが、屋根や外壁の内部でどのような経路を通って室内で漏っているのかはなかなかわかりません。そのような時に威力を発揮するのがサーモグラフィー診断です。サーモグラフィー診断では、高感度な赤外線カメラで熱を画像として計測し、雨漏りを視覚化して捉えます。ヒアリングなどで立てた仮説に基づいて検査していけば、素早く雨漏りの経路を特定することができます。屋根や外壁を剥がさなくても雨漏りの経路がわかるため、サーモグラフィーの導入は雨漏り診断に画期的な変化をもたらしたと言えるでしょう。ただし複雑な建物など調査が難しい場合、費用がかかります。
雨漏りの修理は何をするの?
雨漏り修理・補修
「本当の外装リフォーム」に出合う本
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。