陸屋根からの雨漏り事例

陸屋根で雨漏りしやすい箇所とは

前回は、陸屋根の防水対策についてご紹介しました。今回は陸屋根からの雨漏り事例についてご紹介します。

まず、陸屋根はパラペット部分から雨漏りがしやすいと言われます。パラペットとは、陸屋根の周囲にある立ち上がった部分のことです。歩行者が落下したり、雨水が外壁に流れ落ちないようにしています。手摺の代わりにもなります。

雨水は外壁にも当たるじゃないか、と思われる方もいるかもしれませんが、基本的に雨は上から降ってくるもの。三角屋根と雨樋があれば、屋根に降った水は外壁に触れることなく排出することができるのです。陸屋根の場合は、わずかに勾配を付けて集めた水を排水口(ドレン)から排出するようになっています。そして、雨水を外壁に回さないために必要なのがパラペットです。パラペットでは雨に対して死角を作ることはできませんが、屋根に降った雨を外壁に流さず集めて処理することで、外壁への負担を減らします。仮に完全にキューブ状の建物があったとすると、屋根に降った雨水はそのまま外壁を流れ落ちるため、すぐに雨垂れの跡が付いてしまい、具合が良くありません。

このパラペットは外壁から立ち上げるため、屋根材とは接合部分が生まれます。この接合部分の施工がいい加減だったりすれば、容易に雨漏りが起こります。例えば、取り合い部分に施工されたシーリングが剥がれてしまえば、雨水は簡単に浸入してきます。実際にはその下に防水テープや防水シートがありますが、浸水を長く放置するのは得策ではありません。

また、これは稀な例ですが、パラペットに本来あるべき水切り目地がない場合があります。先端が内側に飛び出しているタイプのパラペットの場合、飛び出している部分の裏には水切りを施します。パラペットに降った雨が裏を伝って回り込まないようにするためです。これがない場合、パラペットの途中まで覆っている防水層の端から雨水が浸入することがあります。これを防ぐには水切りを増設しなければなりませんが、難しい場合は樹脂テープをパラペットに取り付けて水切りとします。

露出アスファルト防水では、防水層の最上部に砂付きルーフィングを施工します。この砂はアスファルトを紫外線から守るためのもので、流失すると劣化が進みます。劣化が進むとルーフィングが裂けたり、クチアキが起こります。排水口の周りや雨仕舞いの難しい架台・出入隅の角、手摺支柱、フックやアイボルトの周りなども劣化しやすい部分です。

[執筆者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
記事をご覧いただきありがとうございます。当ブログ記事は現場職人の視点から一般的な色について解説しています。
なお、プロタイムズ総研では実際の施工現場にて随時勉強会を開催しています。職人の立場から手抜き施工を防ぐ方法や屋根・外壁の劣化状態の見極め方などご説明いたします。参加費も無料となりますのでよろしければご参加ください。正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)についてはこちらをご覧ください。お待ちしております。
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。