マンションで雨漏りが発生した場合

マンションの雨漏りは何かと面倒!?

一戸建てとは異なり、マンションで雨漏りが起こった場合は大きなトラブルにつながってしまうケースがあります。

まず、「あっ、雨漏りだ!」と思っても、実際に調べてみたら上階からの水漏れが原因だった、という場合があります。このため一戸建てよりマンションは雨漏りかどうかの判断が難しいと言われているのです。部屋数が多いマンションであれば、それだけ調査にも手間がかかります。

水漏れが原因で室内に損害が生じた場合は、保険が下りることもあります。しかし、雨漏りが原因の場合は、保険対象にならないことが多いようです(雨漏りが原因で階下に漏水を起こした場合は対象にならない。別に個人賠償責任補償が必要)。雨漏りでは、場合によっては自己負担で修理しなければなりません。

例えば屋上から雨漏りが起これば、これは管理組合の負担になります。屋上部分はマンションの共用部分だからです。ところが、染みができた室内の天井は専有部分、つまり家主の持ち物です。するとこの雨漏りの修理代金は管理組合が持つべきか、家主が持つべきか、疑問が生じます。基本的には共有部分である屋上の雨漏りが原因なので、管理組合に賠償責任がありそうですが、「誰が支払うべきか」を巡ってトラブルになることもあるようです。

賃貸物件の場合は、借主に支払義務が発生することはまずありません。貸主には「普通に住むことができる家を貸す義務」があります。雨漏りが起こっている部屋は家としての機能を果たしていませんから、貸主には修繕義務があるということになるのです。もっとも、通常の生活に問題がない程度の雨漏りや借主の故意によって引き起こされた雨漏りの場合は貸主に義務が発生しない場合もあります。

雨漏りが実際に起こったら、階上に住んでいる人は階下に影響が広がってしまわないように応急処置をしましょう。1階に住んでいる人も、周囲に被害が及ばないように配慮が必要です。そして、マンションを買って住んでいる人は管理会社へ連絡を入れましょう。借りて住んでいる人は、貸主や管理会社へ連絡を。すぐに修繕が必要な時は、修繕費を立て替え払いして、後から貸主に請求できる場合もあります。

マンションの雨漏りは原因特定が難しいこともあり、一度起こると繰り返し発生する場合もあります。一番優れた雨漏り対策は、定期的なメンテナンス。雨漏りを予防すれば様々なトラブルを回避できるので、普段からマンションの管理をしっかりしておきたいものです。

[執筆者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
記事をご覧いただきありがとうございます。当ブログ記事は現場職人の視点から一般的な色について解説しています。
なお、プロタイムズ総研では実際の施工現場にて随時勉強会を開催しています。職人の立場から手抜き施工を防ぐ方法や屋根・外壁の劣化状態の見極め方などご説明いたします。参加費も無料となりますのでよろしければご参加ください。正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)についてはこちらをご覧ください。お待ちしております。
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。