雨漏り修理を0円で済ます

修理費用を軽減できる保険活用法

前回は雨漏り修理にかかる費用をざっと見てみました。「予想より高いな」と思われた方も多いのではないかと思います。

しかし、家を購入した際には火災保険に入っているはず。「火災と雨漏り、いったい何の関係があるの?」と思われるかもしれませんが、もう一度保険の契約内容を見直してみましょう。基本補償の内容に、「風災・雹災(ひょうさい)・雪災」補償というものが含まれているはずです。強い風や雹、積雪によって住宅に損害を受けた時、その修理費用を保険会社が代わりに支払ってくれる、というものです。この補償を活用できれば、雨漏りの修理費用を抑えることができます。場合によっては、収支0円で雨漏り修理を行うことも可能です。

雨漏りに適用される可能性が高いのは「風災」補償です。風災補償は、台風・旋風・暴風・暴風雨等の強い風による災害により建物や家財が被害に遭った場合を対象にしています。つまり、強い風で雨漏りした場合も風災補償が適用されるということになります。ほとんどの火災保険では、風災補償を基本契約に含んでいるはず。あなたの家の保険証券を一度確認してみてください。

「強い風」の定義も知っておきましょう。気象庁の基準では、最大風速17.2m/秒以上が台風とされています。対して、火災保険の場合は最大瞬間風速20m/秒以上であれば、強い風とされるのです。ここで注目していただきたいのは、「最大風速」と「最大瞬間風速」の違い。最大風速とは10分間の平均風速の最大値、最大瞬間風速とは3秒間の平均風速の最大値のことです。つまり、風災補償の範囲に含まれるのは、台風や竜巻といった継続的な強風・暴風だけではありません。強風・突風・春一番・木枯らしなども「強い風」に含まれることがあるのです。何しろ、3秒間だけ平均風速が20m/秒を超えていればいいのですから。おそらく、日本全国でしょっちゅう「強い風」は吹いているはずですね。被害を受けた日から3年以内に保険申請をしなければ失効となりますが、3年以内に修理しなければならないわけではなく、申請までの期間が問題ですので、雨漏りをしばらく放置していた人も申請してみる価値があります(ただし、時間が経ちすぎると災害との因果関係が薄くなります)。

なお、風災補償の場合は屋根・雨樋修理に必要な足場代も補償の対象になります。足場代は高額になりますので、ぜひ活用したいところです。損害金額が20万円以上でないと補償しません、という保険もありますが、足場を使う場合はまず間違いなく20万円を超えますので、心配する必要はありません。

[執筆者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
記事をご覧いただきありがとうございます。当ブログ記事は現場職人の視点から一般的な色について解説しています。
なお、プロタイムズ総研では実際の施工現場にて随時勉強会を開催しています。職人の立場から手抜き施工を防ぐ方法や屋根・外壁の劣化状態の見極め方などご説明いたします。参加費も無料となりますのでよろしければご参加ください。正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)についてはこちらをご覧ください。お待ちしております。
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。