雨漏りを未然に防ぐ水切り

建物の各所で活躍する水切り

雨漏りを完全に防ぐ方法は厳密に言うとありません。建物に経年劣化が起これば必ず水は浸入してくるからです。それでも建物には長年に渡って蓄積されてきた叡智が凝縮されていますので、雨を防ぐのではなく雨水を効率的に排出する仕組みが備わっています。その1つが「雨漏りと雨仕舞いにおける水切り」で紹介した水切りです。ここでは水で汚れやすい箇所の水切りについてご紹介します。

斜壁、斜梁型の下端外壁
斜壁や斜梁型の下端外壁には水切りや雨落ちを付けないと、雨垂れで外壁が汚染されてしまいます。汚染は建物の美観を損なうだけでなく、建物の耐久性を低下させるので好ましくありません。斜壁の端や斜梁型の下端には、有効な水切りを設置することが必要です。
斜壁の面積が小さい場合は、斜壁を流れる雨の量も少ないので、水切りも簡便なもので構いません。ところが斜壁の面積が大きくなってくると、雨量が増えて雨水が端から回り込む場合が増えてくるので、水切りの先端部を下向きにする必要が出てきます。さらに斜壁が大きく、雨量も多い場合は、先端がY字型になっている水切りを使用すると雨水の回り込みをより強力に排除できます。
庇の先端に水切りや雨落ちがないと、雨垂れが庇の見付け面(正面から見た時に見える垂直な面)を汚染することがあります。やはり庇の先端に適切な水切り等を設置する必要があります。
サッシ下端、窓台
サッシの下端やモルタルの窓台には漏水防止・雨垂れ汚染防止のために水切りを付ける必要があります。特に水切りの端に立ち上がりを設けておくと効果が高まります。水切りの出が不足していたりすると効果が薄いことがあるので、改善した方が良い場合があります。サッシの下端に水切りがないと、水の影響で壁面の仕上げに使ったモルタルに亀裂が入ることもあります。
躯体と階段の取り合い部分
躯体と接した鉄骨階段からは錆が出るため、取り合い部分を放置しておくと錆汚れが付きます。取り合う部分に水切りを付ければ錆汚れを防いでくれます。
金物下部
建物の外部には避雷針などの金物が取り付けられていることがあります。金物からは錆が出ることがあるので、金物の下部に汚染防止用の水切りを付けると効果的です。また、金物周辺に汚染されにくいシーリング材を使用する必要もあります。
バルコニー腰壁周り
バルコニーの腰壁上部にFRPで天端を作ると水を切ることができます。
[執筆者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
記事をご覧いただきありがとうございます。当ブログ記事は現場職人の視点から一般的な色について解説しています。
なお、プロタイムズ総研では実際の施工現場にて随時勉強会を開催しています。職人の立場から手抜き施工を防ぐ方法や屋根・外壁の劣化状態の見極め方などご説明いたします。参加費も無料となりますのでよろしければご参加ください。正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)についてはこちらをご覧ください。お待ちしております。
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。