雨漏り時の漏電の危険性

漏電

雨漏りを放置しない

雨漏りを見つけても、生活に大した影響がない場合などはついつい放置しがちです。しかし、たとえ日常生活に直接的な被害が出なくても、見えない壁などの中では腐食が進んでいることもありますし、水がブレーカー等にかかると漏電することがあります。今回は漏電についてご紹介します。

漏電とは

漏電とは、文字通り「電気が漏れている状況のこと」を言います。電気配線等には絶縁体によって漏電を防ぐ処理がされていますが、電線が傷付いたり、老朽化によって被覆が剥がれてしまうと漏電につながります。

電気代が跳ね上がる
漏電を放置していると、電気が漏れた分だけ電気代が高くなります。不自然に電気代が跳ね上がったら、漏電していないか調べた方が良いでしょう。
家電製品が故障したり破損したりする
漏電は家電製品にダメージを与える場合があります。パソコンのような精密機器はショートしてしまうことも。
感電事故
漏電によって感電することがあります。感電の症状は電流値の高低によって異なり、軽く痺れを感じたり火傷する程度から心臓が痙攣を起こすレベルまで、症状は様々。最悪の場合は死に至ります。
火災
人体に影響が出た場合はすぐに気づくでしょうが、そうでない場合はある日突然、火災が起こるケースもあります。家財や住み家を失うだけでなく、隣近所に被害が及ぶ場合もあります。

漏電の原因

水は電気を通すので、漏電の原因となります。雨漏りだけでなく、電子レンジや食器洗い乾燥機など、水回りの機器には特に注意が必要です。
他にも漏電の原因には次のようなものがあります。

住宅や屋根の老朽化
年数が経てば絶縁体は劣化します。また、屋根などから天井や壁の中などに浸水すると電源プラグや電線が濡れる場合があります。
エアコンの室外機ダクトの経年劣化
室内機と室外機を結ぶ配管を通すダクトには隙間にシール材が充填されていますが、これが劣化すると水が浸入し漏電の原因になることがあります。
施工不良
配線カバーなどを取り付けなかったり、無理な施工をすると、まれにケーブルの被覆が破れるなどのトラブルが起こります。
コンセントのホコリに引火
コンセントが少し抜けて端子が露出し、そこに溜まったホコリが湿り気を帯びると漏電が起こることがあります。さらに、そのまま放置すると発熱・発火し、火事の原因となることもあります(トラッキング現象)。

最近ではトラッキング現象防止機能が備わった電源プラグやタップも販売されています。また、漏電遮断器(漏電ブレーカー)のテストスイッチを使って正常動作するかどうか確かめることもできます。

[執筆者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
記事をご覧いただきありがとうございます。当ブログ記事は現場職人の視点から一般的な色について解説しています。
なお、プロタイムズ総研では実際の施工現場にて随時勉強会を開催しています。職人の立場から手抜き施工を防ぐ方法や屋根・外壁の劣化状態の見極め方などご説明いたします。参加費も無料となりますのでよろしければご参加ください。正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)についてはこちらをご覧ください。お待ちしております。
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。