雨漏りを再発させないために取るべき方法

雨漏り診断

再発の原因のほとんどは人為的ミス

雨漏りの修理を依頼したのに、また雨漏りが発生することがあります。補修の規模にもよりますが、雨漏りの修理コストは安くありません。さらに、生活が脅かされるストレスもあります。放置しておくと、湿った木材にシロアリが発生してさらに深刻な問題に発展することも。従って雨漏りが再発すると、慌てて同じ業者に修理を依頼してしまうかもしれません。同時に「この家、施工に問題があったんじゃないのか?」と疑いを持つことも考えられます。

しかし、一度修理をしたのであれば、真っ先に疑うべきは「人為的なミス」です。修理が不十分だったか、見当外れな所を修理したか、仕事がいい加減だったのか。まずは再発を引き起こす原因について見てみましょう。

建物構造の複雑化
昨今は建物の構造が複雑化し、工法や機材等は刷新されています。すると専門業者が工事する部分が増え、雨漏りが起こったときに原因を明らかにするのが難しくなることがあります。修理業者が得意な分野で分析して修理したとしても、別の分野が関わっていれば見落とすこともあるでしょう。結果、後に再発する原因を見逃すことになります。
下請け業者の手抜き工事
大手業者に雨漏り修理を依頼すると、大抵は専門業者に仕事を発注します。すると中間マージンが発生するので、実際に工事する業者の実入りが少なくなります。そして業者は人件費や時間をかけられなくなるため、手抜き工事が発生する確率が高くなるのです。中には屋根に上がることなく雨漏り修理を始める業者もあるようです。雨漏りの原因は複数のこともあるため特定は簡単ではありませんが、原因を突き詰めずに修理すれば雨漏り再発のリスクは極めて高くなります。
修理の際に修理箇所を増やしてしまう
屋根の上で作業する場合は屋根材を踏むことになります。劣化しているスレート屋根などは割れやすいため、作業中に割れてしまうことも。そのことに気付かなかったため、後に新たな雨漏りの原因になることがあります。

優良業者の見分け方

雨漏りの再発を防ぐには、優良業者を見つけるに越したことはありません。万が一悪徳業者を選んでしまうと再発の恐れがあるだけでなく、必要ない工事で余計な修理費を請求されることもあります。優良な業者にはいくつかの特徴があります。

  • 修理の前に居住者からヒアリングを行う
  • 徹底した事前調査と診断を行う(無料のこともあります)
  • 実績が豊富である
  • 雨漏りの原因について詳細に報告・説明をしてくれる(ビデオ撮影を行う業者もあります)
  • 修理後に再発チェック(確認)を行う

最終的に大事なのは、自分が納得できる業者と出会えるかどうかかも知れません。その意味では、家を建てる前に頼れる雨漏り修理業者に目星をつけておくことが望ましく、建てた後でも早めに探しておいた方が良いでしょう。

[執筆者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
記事をご覧いただきありがとうございます。当ブログ記事は現場職人の視点から一般的な色について解説しています。
なお、プロタイムズ総研では実際の施工現場にて随時勉強会を開催しています。職人の立場から手抜き施工を防ぐ方法や屋根・外壁の劣化状態の見極め方などご説明いたします。参加費も無料となりますのでよろしければご参加ください。正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)についてはこちらをご覧ください。お待ちしております。
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。