雨漏りの時の標準的な点検方法

雨漏り

屋根周りは特に重要

例え雨漏りが発生していなくても、家は定期的に点検しなければなりません。特に屋根周りは、他の箇所とは負担の重さが違います。雨風だけでなく、太陽光にも毎日のようにさらされるのです。当然、耐久性の高い材料で作られてはいるのですが、定期点検を行わないと見えないところで雨漏りが進行していることもあります。

屋根周りでは、主に次のような時期に点検が必要です(木造一戸建ての一般例)。

〈屋根〉
・瓦葺き
定期点検の時期の目安…5~6年ごと
大規模な補修等の時期の目安…20~30年くらいで葺き替えを検討する
・化粧スレート葺き
定期点検の時期の目安…4~6年ごと
大規模な補修等の時期の目安…15~30年くらいで葺き替えを検討する
・金属板葺き
定期点検の時期の目安…2~3年ごと(3~5年ごとに塗り替え)
大規模な補修等の時期の目安…10~30年くらいで葺き替えを検討する
〈雨樋(塩化ビニル製の場合)〉
定期点検の時期の目安…2~3年ごと。ただし詰まりは随時撤去
大規模な補修等の時期の目安…7~8年くらいで全面取り替えを検討する
〈軒裏天井〉
定期点検の時期の目安…2~3年ごと
大規模な補修等の時期の目安…15~20年くらいで全面補修を検討する
〈バルコニー・濡れ縁〉
・木部
定期点検の時期の目安…1~3年ごと(3~5年ごとに塗り替え)
大規模な補修等の時期の目安…10~20年くらいで全面補修を検討する
・鉄部
定期点検の時期の目安…2~3年ごと(3~5年ごとに塗り替え)
大規模な補修等の時期の目安…10~15年くらいで全面補修を検討する
・アルミ部
定期点検の時期の目安…4~5年ごと
大規模な補修等の時期の目安…20~30年くらいで全面補修を検討する
・床
定期点検の時期の目安…1~3年ごと
大規模な補修等の時期の目安…10~15年くらいで全面補修を検討する

もちろん、建物の立地条件、使用状況、日常的な手入れの度合によって点検等の時期は異なってきます。

ちなみにバルコニー等のアルミ部でチェックすべきポイントとして「腐食」があります。アルミニウムはほとんど錆びないと思われていますが、例えばアルミニウムの表面にホコリやチリ、排気ガスなどが付着した状態で放置していると湿気や雨と反応して腐食性水溶液が発生することがあります。他にも強アルカリ性の溶剤にさらされたり、他の金属と長期間接触したりした場合もアルミニウムは錆びることがあるので、要注意です。
(参考:『住宅の点検と補修』財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター)

[執筆者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
記事をご覧いただきありがとうございます。当ブログ記事は現場職人の視点から一般的な色について解説しています。
なお、プロタイムズ総研では実際の施工現場にて随時勉強会を開催しています。職人の立場から手抜き施工を防ぐ方法や屋根・外壁の劣化状態の見極め方などご説明いたします。参加費も無料となりますのでよろしければご参加ください。正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)についてはこちらをご覧ください。お待ちしております。
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。