雨漏りによる資産価値減少について

雨漏り部位

雨漏りのダメージは資産価値に響くことも

雨漏りが発生すると、染み、カビの発生、木材腐朽菌の増殖などの現象が見られます。特に木材腐朽菌は文字通り木材を腐らせますので、資産価値への影響も気になるところ。最近では空き家をもっと活用しようという動きも進んでいますが、基本的には中古住宅に対する評価はシビアなままです。雨漏りの二次被害、三次被害(後述)が進行して建物が劣化すると、転売時に不利になる場合があります。この場合、経過年数はあまり関係ありません。一説には、不動産業界で「最も価値を下げる」と言われている原因が雨漏りなのだとか。たとえ雨漏りを補修していたとしても、その修繕度合によっては価値が下がることもあり得ます。とりわけ転売を考えているのであれば、雨漏りには早めの対処を心がけ、適切なメンテナンスを行っていく必要があります。

染み、カビ、木材腐朽菌の他にも、雨漏りが原因で発生する厄介なものがあります。それはシロアリです。カビや木材腐朽菌によって柔らかくなった木材はシロアリの大好物。シロアリが発生すると、木材はいよいよボロボロになってしまいます。ドアの建て付けが悪くなったり、床が柔らかいと感じられるようになったら要注意です。

断熱材や電線などが食害に遭う場合もあります。被害が拡大すると建物を建て替えねばならない事態に発展することもあるので、やはり早急な対処が必要です。

鉄骨建築で雨漏りが発生した場合は、鉄錆にも注意しましょう。鉄骨造り、鉄筋コンクリート造りなどでは強度を保つために鉄部が重要な役割を果たします。鉄は錆びるに従って急速に強度が下がっていきます。鉄錆をもたらす雨漏りは特に警戒すべきです。鉄部がコンクリートで覆われて見えない場合も、鉄部が錆びると膨張するので、コンクリートはひび割れます。ひびから錆汁(コンクリート内部の鋼材が腐食して染み出した茶色い液体)が垂れたりするので、鉄錆の手がかりになります(コンクリートを打設する際に使用した仮設材から錆汁が出ることもありますが、この場合は強度に影響しません)。

雨漏りには家屋に雨水が浸入すること(一次被害)、建物に障害が出ること(二次被害)に加えて、さらに恐ろしい三次被害もあります。それは漏電です。最悪の場合は感電死の危険があり、火災が発生する恐れもあります。そこまで行かなくとも、家電製品などが破壊されることもあり得ます。漏電遮断機などを取り付けることもできますが、まずは雨漏りを防ぐ必要があります。

[執筆者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
記事をご覧いただきありがとうございます。当ブログ記事は現場職人の視点から一般的な色について解説しています。
なお、プロタイムズ総研では実際の施工現場にて随時勉強会を開催しています。職人の立場から手抜き施工を防ぐ方法や屋根・外壁の劣化状態の見極め方などご説明いたします。参加費も無料となりますのでよろしければご参加ください。正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)についてはこちらをご覧ください。お待ちしております。
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。