瓦屋根からの雨漏り

瓦屋根は頑丈だけど…

今回は一般的な瓦屋根からの雨漏りについて解説します。
新築の建物が雨漏りすることは、通常ありません。しかし、時には建てて間もない建物が雨漏りを起こすことがあります。そういった場合の原因は、たいてい窓や換気口などの開口部の防水処理がいい加減だったことが原因です。つまり施工不良が原因なのです。逆に、建物が老朽化していた場合に起こる雨漏りもあります。その一例が瓦屋根からの雨漏りです。

瓦屋根の構造から雨漏りを見る

一般的な瓦屋根の構造を見てみると、最下層には土台となる野地板が設置されます。そして、その上に防水シート(ルーフィング)が貼られ、さらにその上に瓦が葺かれるのです。

上から順に構造物の役割を解説すると、ほとんど水を吸わない瓦は雨を通しませんので、傾斜によって雨水を下に下にと流す役割があります。防水シートは万が一瓦から雨が入り込んだ場合に野地板に雨水が染み込むのを防ぐように設置されています。つまり瓦と防水シートが雨から建物を守る屋根の役割の大半を担っているわけです。

では、老朽化によって瓦がずれたり、割れたりするとどうなるでしょう。外見上はあまり気にならなくても、ずれや割れは防水シートが雨に対して剥き出しの状態になるということ。瓦で守られていない防水シートは雨風や日射によって劣化し、時には破れるなどして防水能力が著しく低下します。結果、雨水の浸入を許すことになるのです。

また、老朽化が進むと棟瓦(むねがわら)がずれてくることがあります。棟は屋根の繋ぎ目の部分のことで、屋根全体を一体化する重要な役割を担っています。しかし、棟瓦を留めている棟土が粘り気を失うと棟瓦の形が崩れてしまうのです。棟瓦が崩れると雨漏りの原因となるだけでなく、留めていた瓦が落下する恐れもあるので、早急な補修が必要です。

ちなみに、棟瓦は構造上、度重なる地震には強くないとも言われていましたが、近年では震度7にも耐えうる工法が開発されているので、補修する際は一考してみると良いでしょう。

瓦屋根の不具合は早めにチェックを!

瓦屋根にひびが入り少しずつ浸水していたとしても、住んでいる人はなかなか気づきません。そのため瓦を剥がしてみたら、防水シートが破れて内部はボロボロ、野地板まで腐食していた、ということが起こります。つまり、雨漏りがひどくなった場合、すでに建物の構造物まで傷んでいる可能性が高いのです。少しでもおかしいと思ったら、専門業者に屋根診断をしてもらった方が良いでしょう。

ちなみに、瓦屋根を雨仕舞いの観点から見ると、雨水を弾くだけでなく、水分を外へと誘導する優れた建材であると言うことができます。例えば瓦同士の間にある隙間は、瓦の裏に結露ができても流れ出ていくように作られているのです。瓦と瓦の隙間にシーリング材を充填する業者もいるようですが、隙間をなくしてしまうと水が入らなくなる代わりに、内部で発生した水が出ていくこともなくなります。結果として雨漏りがひどくなる場合もあるので、雨仕舞いの観点からは絶対にこのような施工をしてはなりません。

[執筆者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
記事をご覧いただきありがとうございます。当ブログ記事は現場職人の視点から一般的な色について解説しています。
なお、プロタイムズ総研では実際の施工現場にて随時勉強会を開催しています。職人の立場から手抜き施工を防ぐ方法や屋根・外壁の劣化状態の見極め方などご説明いたします。参加費も無料となりますのでよろしければご参加ください。正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)についてはこちらをご覧ください。お待ちしております。
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。