有効な雨漏り診断・点検とは

屋根・外壁診断の必要性

雨漏り診断・点検を行うと、結果として屋根・外壁の劣化が疑われることがあります。そうなると補修を担当する業者には雨漏り診断能力だけでなく、屋根・外壁を診断する能力も必要になってきます。

「もう、家を塗り替えるしかないんでしょう? なぜ診断が必要なの?」と思われるかもしれませんが、先にも述べたように雨漏りしている箇所は1つとは限りませんし、思いがけない障害が発生している場合もあります。また、単純に塗装を塗り替えただけでは、雨漏りが数年後にぶり返してしまうかもしれません。完璧な屋根・外壁のリフォームを行うためには、建物の状況を把握しないと良い所も悪い所もわからないので、診断は重要な工程なのです。

ただし、一部には事前に建物の状況チェックをしなかったり、屋根にも上がらずに下から見ただけで診断を済ませたりする業者も存在します。ひどい場合には、屋根・外装リフォームの知識がない担当者が診断をする場合もあるので、注意が必要です。
付き合いの長い信頼の置ける業者なら問題ないでしょうが、初めて依頼する業者の場合は不安もあると思います。そのような場合は屋根や外壁の専門知識を持った「外装劣化診断士」や「外壁診断士」、「雨漏り診断士」や「赤外線診断士」のいる業者を選ぶと良いでしょう。

屋根・外壁診断の実際

  • ビデオカメラ診断
    一部の業者ではビデオカメラで撮影しながら診断を行います。普通は写真を撮りながら診断することが多いのですが、写真では建物の一部の状況しかわかりません。ビデオで撮影しておけば、建物の全体的な状況が把握できます。より正確な診断結果をお客様にお届けでき、具体的なリフォーム計画立案にも役立つので、今後普及しそうな診断方法です。
  • 屋根に上がって診断する
    実際には屋根まで上がって診断する業者は少ないとも言われています。診断するよりさっさと塗り替えてしまった方が早いと考えているのかもしれません。しかし、雨漏りを本気で直そうと思うのであれば、屋根に上がって診断する作業は必須です。なぜなら屋根からの雨漏りは気づいた時には「重症」になっていることが多く、早期発見が重要だからです。塗り替えは応急処置にしかなりません。家の中で一番傷むリスクが高いのは屋根ですから、その意味でも屋根の診断は重要になります。
  • 外壁の小さな劣化を見極める
    雨漏りの多くは外壁からの漏水が原因であることはあまり知られていません。外壁に小さなひび割れができただけで雨水が少しずつ浸入し、構造体を腐らせ、雨漏りの原因になることがあるのです。こういったひび割れは肉眼では確認できないほど小さいこともあります。雨漏りのことをよく知っている業者の中には、顕微鏡を使って外壁の診断を行うところもあります。
[執筆者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
記事をご覧いただきありがとうございます。当ブログ記事は現場職人の視点から一般的な色について解説しています。
なお、プロタイムズ総研では実際の施工現場にて随時勉強会を開催しています。職人の立場から手抜き施工を防ぐ方法や屋根・外壁の劣化状態の見極め方などご説明いたします。参加費も無料となりますのでよろしければご参加ください。正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)についてはこちらをご覧ください。お待ちしております。
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。