一般的な雨漏り補修費用の内訳

まっとうな業者は料金を明示する

雨漏り補修をする場合には、それなりの費用がかかります。雨漏り診断には専門的知識が必要になりますし、きちんと補修しようと思えば屋根・外壁のリフォームが必要になることもあるので、致し方ないところです。
しかし、まっとうな業者であれば、診断から補修までのどの段階でどれだけお金がかかるのか明示してくれますので、納得して依頼することができるはずです。
ここでは一般的な雨漏り補修にかかる費用について見ていきましょう。

  • 問い合わせ
    雨漏りが起こったら、まずは当然問い合わせると思います。原則として、問い合わせただけで費用を請求する業者はいないでしょう。
  • ヒアリング調査
    雨漏りがいつから起こっているのか、過去のどんな時に起こったかなどを建物のオーナーから聞き出す作業です。築年数や建物の構造、補修・リフォーム経験まで詳しく聞くこともあります。ヒアリング調査を重視して独立した工程と位置付けている業者もありますが、ヒアリング調査までは無料で行うことが多いようです。ヒアリング調査を目視調査などと併せて行う業者もあります。
  • 雨漏り相談、調査申込書の提出
    ヒアリングではなく、文書で雨漏りの状況を伝えてもらう場合もあります。業者の訪問日が決まれば、いよいよ本格的な調査が始まります。
  • 目視調査、触診調査(雨漏り診断)
    目で見て判断する目視調査、打診棒などで検査する触診調査を行います。この工程から費用がかかる場合と、ここまでは無料で済む場合があるようです。雨漏りの原因が特定できれば、調査提案書や雨漏り工事の見積書を作成し、後は工事を行えば完了です(当然工事費がかかります)。しかし、原因が特定できない場合は、特別な手法を用いて原因を突き止めることになります。
  • 散水調査、赤外線調査
    目視や触診で雨漏りの原因が特定できなかった場合は、実際に水を用いて検査する散水調査やサーモグラフィーを用いる赤外線調査を行います。機材等が必要になるので、普通は費用がかかります。

業者によっては散水調査や赤外線調査を必須項目としているところもあるようです。確実に雨漏りの原因を突き止めるための配慮でしょう。なお、業者の中には雨漏りの診断、工事にかかる大まかな費用を公表しているところもあります。通常、雨漏りの診断には時間がかかるので、業者もそう安くはできません。しかし、依頼する側からすれば後から法外な値段を請求されるのではないかと不安だろう、ということで、ある程度の情報公開をしているわけです。

[執筆者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
記事をご覧いただきありがとうございます。当ブログ記事は現場職人の視点から一般的な色について解説しています。
なお、プロタイムズ総研では実際の施工現場にて随時勉強会を開催しています。職人の立場から手抜き施工を防ぐ方法や屋根・外壁の劣化状態の見極め方などご説明いたします。参加費も無料となりますのでよろしければご参加ください。正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)についてはこちらをご覧ください。お待ちしております。
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。