雨漏りと補強

雨漏れ

対雨漏り補強とすがもれ

雨漏りの厄介なところは、室内に水が漏れてくる頃には、屋根や壁の中に浸水してからかなり時間が立っている場合があるということです。水は隙間があればどこにでも入り込みます。小さな隙間があると毛細管現象が起こり、水が下から上に吸い上げられたりすることも。室内に水が染みてきたので屋根や壁を開けてみたら、中は腐ってボロボロになっていた、ということもあるのです。

雨漏りを長く放置してしまうと、屋根を葺き替えたりする必要が出て来ます。そこまで行かなくても、簡単な補修では済まなくなります。

例えば屋根の下地です。下地さえ傷んでいなければ、古い屋根材の上に新しいガルバリウム鋼板などを張ることでリフォームすることも可能です。ところが、屋根の上を歩くと沈み込むような状態になってしまった場合は下地まで傷んでいるので、下地を補強する必要が出てきます。

下地を補強する場合は、垂木を流して合板を全面に張っていく工事になります。万が一、工期中に雨が降っては大変なので、一気に防水シートまで仕上げる必要があります。ちなみに、安さを売りにする業者ではこの工程を省いてしまうことがあるそうですが、それでは見た目は綺麗になっても、雨漏りを防ぐ機能が十分に回復しないことになってしまうので、注意が必要です。

補強とは少し意味が異なりますが、寒い地方の家では、断熱や雨漏り対策がしっかりしていないと大変なことになります。寒冷地では、冬になると「すがもれ」または「すがもり」と呼ばれる雨漏りが発生することがあります(「すが」は東北地方の方言で氷のこと)。冬になると屋根には雪が積もりますが、昼間の太陽熱や室内の暖気によって溶けます。水になった雪は軒先に流れますが、屋根面が外気によって冷えていると、軒先で凍ってつららや氷堤(ひょうてい。堤防状の氷のこと)を形成します。すると後から流れてきた水は氷堤でプール状に溜まり(融雪水)、長く留まることで、屋根に少しでも隙間があれば室内に浸入してくるのです。このすがもれを防ぐには次のような対策が必要だと言われています。

  • 天井面や屋根面の断熱性能を向上させる。
  • 軒先の屋根勾配を急にし、水を溜まりにくくする。
  • 軒天井を設けて室内暖気を軒先に導入することで屋根面を暖め、氷堤ができないようにする、もしくは軒先で氷提ができる部分をヒーターで暖めるようにする。

もし、このような機能が十分でないなら、早めに補強する工事を行った方がいいでしょう。もし、冬が来る前に少しでも浸水が起こっていると、水は冬に凍って膨張し、軒先や壁を内側から破壊します。そこにすがもれが起これば、大量の雨漏りが発生する恐れもあります。

[執筆者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
記事をご覧いただきありがとうございます。当ブログ記事は現場職人の視点から一般的な色について解説しています。
なお、プロタイムズ総研では実際の施工現場にて随時勉強会を開催しています。職人の立場から手抜き施工を防ぐ方法や屋根・外壁の劣化状態の見極め方などご説明いたします。参加費も無料となりますのでよろしければご参加ください。正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)についてはこちらをご覧ください。お待ちしております。
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。