雨漏り修理で「やってはいけないこと」

瓦

雨漏りをよく知らない雨漏り専門業者?

「雨漏り修理の工事が終わったけど、雨漏りがほとんど直っていない」という声はなかなかなくなりません。「専門業者に頼んだのに、なぜなのだ」という心の叫びが聞こえてきそうですが、答えは簡単です。おそらく、その専門業者の技術力は他の業者と変わりません。しかし、雨漏りの原因が明確になっていない状態で工事を行ったので、雨漏りの原因を解消できなかったのです。典型的なのが「屋根のどこかから雨漏りしているので屋根を張り替えましょう」と言ってしまう業者です。雨漏りの原因が特定できていればピンポイントな修理で済んだかもしれないのに、「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」という発想に陥ってしまっています。このような業者は、もしかしたら施工業者としては一流なのかもしれませんが、雨漏り修理のプロではなかったということです。

本当に経験を積んだ雨漏り専門業者であれば、雨漏りの原因がわかるまでじっくり付き合います。「そんな手間はかけられない」と言う業者には、雨漏り修理のノウハウが蓄積されていないと考えて良いでしょう。雨漏り修理のノウハウがあれば、原因究明も迅速であるはずだからです。

雨漏り修理として「やってはいけないこと」もあります。例えば、瓦と瓦の重ね部分にコーキングを充填する瓦止め工事。風に強くなるというのが売りですが、瓦屋根の構造から考えるとやり過ぎてはいけない工法です。瓦屋根は元々水が浸入することを想定しており、瓦と瓦の間にはわざと隙間が設けてあります。隙間が空いていることで、一度浸入した水もすぐに外へ排出されるのです。また、水を吸い上げて内部に浸透させてしまう「毛細管現象」を防ぐ意味もあります。

屋根塗装の世界では、瓦の隙間が塗料で潰れてしまわないように「縁切り」と呼ばれる作業を行います。タスペーサーという器具を挟み、隙間を確保することもあります。

この隙間を塞いで「瓦がずれなくなる、飛ばされなくなる」というのは間違いではありませんが、「水が入らなくなった」と言うのは間違い。水は少しでも隙間があれば浸入しますし、むしろ一度浸入した水が外に排出される構造を潰してしまっている可能性が高いのです。水が溜まるようになった屋根は野地板が腐りやすく、室内に雨漏りする原因にもなります。

もっとも、コーキングを施しても隙間を残す処置をすれば雨漏りにはつながらないはず。瓦止め工事には「ボンド止め」や「金具止め」といった工法もありますが、「瓦の隙間を確保する」ということが徹底されていれば大丈夫です。要するに瓦止め工事は風害に対応するための工事ですから、後は施工業者が雨漏りに精通しているかどうか。このように、雨漏りを防ぐには施工業者、修理業者の経験値が大事だと言えるでしょう。

[執筆者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
記事をご覧いただきありがとうございます。当ブログ記事は現場職人の視点から一般的な色について解説しています。
なお、プロタイムズ総研では実際の施工現場にて随時勉強会を開催しています。職人の立場から手抜き施工を防ぐ方法や屋根・外壁の劣化状態の見極め方などご説明いたします。参加費も無料となりますのでよろしければご参加ください。正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)についてはこちらをご覧ください。お待ちしております。
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。