雨漏りに効く保険とは

雨漏り

突然の雨漏りで慌てないために

雨漏り修理を依頼して、提示された見積もりを見てウーンと唸る。その後、修理を始めたら新たに補修が必要な部分が出てきて、頭を抱える……。雨漏り修理は突発的なイベントなので、臨時出費が痛いところです。

しかし、実は雨漏り修理をカバーする保険があることをご存じでしょうか。上手に保険をかけておけば、いざというときに安心して修理を依頼することができます。
雨漏りに適用できる保険には、大きく分けて2つの種類があります。住宅瑕疵担保責任保険(供託)と火災保険です。
住宅瑕疵担保責任保険(供託)は、築年数10年未満の住宅に適用されるもので、雨漏りを直接補償します。

そもそも新築住宅を供給する事業者には、10年間の瑕疵保証責任が義務づけられています。瑕疵とは「欠陥」のことで、ここでは構造耐力上主要な部分と雨水の浸入を防止する部分の欠陥を指します。つまり、雨漏りも含まれるのです。

だから10年間は安心かと言えば、そうでもありません。瑕疵保証責任を果たすべき事業者が倒産してしまう場合があるからです。そこで平成21年10月1日から施行されたのが、住宅瑕疵担保履行法です。この法律により、事業者には責任履行のために「保険への加入」または「保証金の供託」が義務づけられました。つまり、たとえ事業者が倒産していたとしても、住宅取得者は瑕疵を補修するための資金を確保することができるようになったのです。この法律により新築から10年以内であれば、修理費用はカバーされることになりました。

なお、保険制度の場合は、発注者・買主が瑕疵の補修などにかかる費用=保険金を保険法人に対して直接請求することができます。供託制度の場合は、事業者が保証金をあらかじめ法務局などに預けておき、瑕疵の補修において住宅取得者は保証金からの還付を請求することができます。いずれの場合も、事業者が倒産等で瑕疵の補修が行えない場合に適用されます。

瑕疵保険・供託は頼もしい味方

先にも述べたとおり、住宅瑕疵担保責任の範囲は「構造耐力上主要な部分と雨水の浸入を防止する部分」です。屋根・開口部・外壁・排水管といった雨水の浸入を防止する部分はもちろん、基礎・土台・床版・壁・屋根版などの部分まで含まれますので、雨漏りに対して新築から10年間は安心できると言って良いでしょう。

しかし、築年数が10年を超える場合はどうしたらいいのでしょうか。築10年以上の場合は住宅瑕疵担保責任保険(供託)は利用できません。そこで検討したいのが火災保険です。
次項では、雨漏りに効果を発揮する火災保険について解説します。

雨漏りと谷樋〜雨仕舞いのウィークポイントになりやすい箇所

瓦屋根の場合、谷樋は雨仕舞いの盲点になりやすい箇所です。雨漏りの構造や地域の風の特性をよく知っている業者に施工してもらわないと、予想していなかったルートで雨漏りが発生することがあります。

・横向きの風で瓦と谷樋の隙間から浸水
谷樋は文字通り屋根が重なり合って谷になっている部分なので、雨水が集中します。横風がよく吹く土地の場合は、雨水が横から入る可能性も考慮しなければなりません。例えば、谷樋では瓦を切断して形を整えることがありますが、瓦の湾曲によって谷樋との取り合い部分に隙間ができます。シーリング材などによって隙間を塞げば良いのですが、施工不良で隙間が空いたままだと雨水が横から浸入してしまいます。

・銅板に穴が開く
谷樋は瓦とは異なる部材で作られ、雨水を流す樋の役割を果たします。かつては「銅板は半永久的に持つ」と言われ、古い屋根の谷樋には銅板が使われていたのですが、現在では酸性雨の影響で穴が開く事例があることから、ステンレス、ガルバリウムなどが使われるようになっています。しかし、施工のしやすさや瓦と調和が取りやすいことなどから銅板の人気も根強いようです。
銅板は軟らかいため、経年劣化により穴が開くことがあります。例えば、瓦から垂れる水滴によって銅板が圧力を受け、年数が経つと穴が穿たれる事例が報告されています。

・下葺き材が破れる
谷樋に穴が開いても、その下には防水紙などの下葺き材が敷いてあるので、すぐに雨漏りにはつながりません。しかし、下葺き材が破れれば浸水が始まり、下葺き材の下には防水層は存在しません。施工時に引っ掛けて破れたりすると、谷樋がしっかりしている間は影響ありませんが、谷樋に穴が開くと下葺き材が防水の役目を果たせないので、途端に雨漏りにつながってしまいます。また、谷部は下葺き材の端が重なり合うため、そもそも隙間が生じやすい場所でもあります。

最近の下葺材は頑丈なのですが、隙間があれば水は浸入してしまいます。そこで防水上重要な部分には、下葺材を増し張りする工法がおすすめです。下葺き材の下にさらに下葺き材による防水層を作っておいて、水を受け止めるようにするわけです。ちなみに棟部の場合は下葺き材の重ね合わせ部分を覆うように、下葺き材をもう一枚上から増し張りします。頂部を谷樋と逆の構造にすることで、下葺き材の上を雨水が下へと流れ落ちていくようにすることができます。

[執筆者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
記事をご覧いただきありがとうございます。当ブログ記事は現場職人の視点から一般的な色について解説しています。
なお、プロタイムズ総研では実際の施工現場にて随時勉強会を開催しています。職人の立場から手抜き施工を防ぐ方法や屋根・外壁の劣化状態の見極め方などご説明いたします。参加費も無料となりますのでよろしければご参加ください。正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)についてはこちらをご覧ください。お待ちしております。
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。