雨漏りの根本原因を考える

雨漏りの本当の原因は「見込み違い」?

そもそも雨漏りが起こるのはなぜなのでしょうか。個別の事例を見ていけば、「屋根に穴が空いたから」「外壁にひびが入ったから」「シーリングに隙間ができたから」など、いくらでも原因は見つかるでしょう。しかし、すべての雨漏りを突き詰めてみると、次の2つの見込み違いに集約されるという考え方があります。

  1. 雨水が考えていなかったような動きをした。
  2. 止水性を期待していた箇所に予測していなかった欠陥が生じた。

これらは『雨仕舞のしくみ』(石川廣三著)に記されている2大見込み違いです。

①の見込み違いをしていると、思いも寄らぬところに雨水が流れてきたり、予想以上の水が流れ込んで雨漏りにつながったりします。
そもそも、雨は常にまっすぐ下方に流れるのでもなければ、平均的に流れるわけでもありません。雨の日に観察しているとわかりますが、雨は筋状に集まり、蛇行しながら流れる傾向があります。また、濡れの力が働くと雨は部材の表面から離れにくくなり、斜面を這い上がったり隅角部で回り込んだりします。目地などに入り込んだ雨はしぶきを発生させ、濡れる範囲をどんどん増大させます。さらに、屋根や外壁に降る雨も、内樋や屋根の谷部などの局部に集中する場合があります。このため雨仕舞いにおいては、排水口が詰まることを予想してオーバーフロー対策を講じておくことはセオリーの1つとなっています。

②はさらに2つのパターンに分類されます。
1つは施工時の見込み違い。防水がどのようになっているかは一般的には断面詳細図で検討するのですが、実際の建物は立体であり、必ず複数の部材の間で取り合いが発生します。途中に継ぎがしてあったり、下地が連続していなかったり……水に対する納まりを万全にするには、これらすべての位置について浸水経路として対応を考えておかねばなりません。さもないと、将来の雨漏りを建物に組み込んでしまうことにならないとも限らないからです。

もう1つの見込み違いは、時間の経過を計算に入れ忘れることです。時間が経てば建物は劣化します。納まり部は変形したり、寸法が変化することもあります。大事なのは、いずれ必ず傷んでくる箇所の変化を予想し、設計と施工の時点で未来のために手を打っておくことです。防水性を試験結果で示した資料があっても鵜呑みにしてはいけません。あくまで実験室で行われた試験だと割り引いて考えるべきで、試験結果を基準に施工することは危険です。 これらの見込み違いを避けるには、雨の降り方と水の動きをよく理解し、防水処理の効用と限界を熟知することがどうしても必要になります。

シーリング補修

雨漏りと〝とりあえずシーリング〟〜二次防水の重要性を理解する

シーリング材は防水性や気密性を保持するために隙間や継ぎ目に充填する材料のことで、雨漏りの現場では主にペースト状の不定形シーリング材が用いられます。チューブに入れられた製品がホームセンターでも手に入るので、建築関係者でなくとも手にしたことがある人は多いのではないでしょうか。

雨漏りの補修では、破損箇所を見つけたらとりあえずシーリングで雨漏りを止める業者が存在するようです。この対処法だと、一時的に雨漏りは止まるかも知れませんが、早期に雨漏りが再発する危険性が高まります。なぜなら雨漏りのメカニズムを理解していない〝とりあえずシーリング〟工事では、本当の意味で雨漏り修理ができているとは言えないからです。

雨漏りを防ぐためには、二次防水の仕組みを理解している必要があります。特に木造建築では理解が浅いと雨漏りを誘発してしまうこともあるのです。

例えばサイディングの外壁では、一次防水はサイディング、二次防水は透湿防水シートがそれぞれ役割を果たします。さらにサイディングと透湿防水シートの間には通気層が設けられ、一次防水を突破した雨水は通気層をすぐに流れ落ちるようになっています。ところがこの仕組みを理解していない業者は、透湿防水シートの上にサイディングを貼り付けてしまう場合があります。すると一次防水と二次防水が密着した状態になり、二段構えの防水の意味が半減します。

サッシ周りで防水シートが破れていたら、防水シートを補修するのが筋です。しかし、サッシと外壁の隙間をシーリングで埋めただけでよしとする業者も存在します。当然、シーリングが切れたりして浸水すれば、二次防水が機能しないことになります。

シーリングで埋めてはいけない部分に手を出して雨漏りを誘発してしまうこともあります。例えばモルタルにタイルを貼り付けた外壁では、サッシ枠とタイルの隙間をわざと空けてあることがあります。この隙間を埋めてしまうと雨水が逃げ道を失い、せき止められた水がモルタル目地から染み込むなどの問題を引き起こします。

もちろん、一次防水の重要性も忘れてはなりません。例えば下屋と外壁の取り合い部分には壁止まり役物を設置して雨水を外に誘導することがありますが、この役物を逆に取り付けると壁に向かって水が流れるようになります。あるいはパラペット部に上部から釘を打ち付けて笠木を固定すると、釘が防水シートにも穴を開けて浸水することがあります。

一次防水、二次防水を念頭に置きながら、見えない部分をしっかりと補修することが求められます。
(参考:日経ホームビルダー編『雨漏りトラブル完全解決』日経BP社)

[執筆者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
記事をご覧いただきありがとうございます。当ブログ記事は現場職人の視点から一般的な色について解説しています。
なお、プロタイムズ総研では実際の施工現場にて随時勉強会を開催しています。職人の立場から手抜き施工を防ぐ方法や屋根・外壁の劣化状態の見極め方などご説明いたします。参加費も無料となりますのでよろしければご参加ください。正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)についてはこちらをご覧ください。お待ちしております。
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。