トタン屋根からの雨漏りを補修する

屋根

トタン屋根は錆びやすいのが欠点

トタンは亜鉛鉄板、亜鉛鍍鉄板(あえんとてっぱん)と呼ばれることもある、亜鉛めっき鋼板です。建築資材としては、瓦棒とも呼ばれます。安価なのですが、雨音がすることと、頻繁にメンテナンスを必要とすることからスレートの方が人気となり、現在では古い建物や住宅に多い屋根材となっています。スレートは20~25年、日本瓦は50~100年持つと言われていますが、トタンは10~20年しか持ちません。また、錆が出ると強度が一気に下がるという弱点があります。

トタン屋根は錆が出やすい屋根材として知られています。最初は粒状の錆が広がり、やがて腐食が進みます。するとトタン屋根には穴が空くようになり、防水性能も一気に下がります。

強風でトタン屋根がめくれてしまう場合もあります。特に軒先は傷みやすいので、軒先から剥がれてしまうことが多いのです。
穴が空いたトタン屋根はシーリングで補修することがありますが、数年すると必ず傷むので、補修箇所から雨漏りが始まります。再度シールすれば雨漏りは止まりますが、交換など根本的な修理を施した方が良い場合が多いです。

トタン屋根では笠木も同じ材質で作られることがありますが、笠木の上に雨水が長く残ることもあります。シーリングが傷むと笠木を留めている釘や板金の継ぎ目から水が浸入します。同様に、壁パネルの継ぎ目に隙間ができると腐食が始まります。

また、勾配のないトタン屋根も傷みやすいので注意が必要です。このような屋根は大雨が降るとプール状態になることが多く、錆びた部分やシーリングの継ぎ目から雨が浸入することがあります。シーリングの不良や継ぎ目の不良があると、すぐに水が入ります。経年劣化したトタン屋根では、トタン屋根の下の防水シートまで傷んでしまっているケースが多々見られます。

増築する際、トタン屋根を付け足すことがありますが、壁との境目から浸水する場合があります。特に板金の端を壁に付け、シーリングでつないだだけの工事をしていると簡単にシーリングが切れてしまいます。本来であれば、壁に切り込みを入れて板金を差し込み、そこをシーリングするべきです。このような問題が見つかった場合は境目を再シーリングした後、壁に切り込みを入れ板金を差し込んでシーリング部分を覆います(この接合部にもシーリングを施します)。

傷みが激しいトタン屋根は葺き替えが必要になります。最近では軽くて錆びにくく、雨音も軽減できるガルバリウム鋼板の屋根が増えています。

[執筆者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
記事をご覧いただきありがとうございます。当ブログ記事は現場職人の視点から一般的な色について解説しています。
なお、プロタイムズ総研では実際の施工現場にて随時勉強会を開催しています。職人の立場から手抜き施工を防ぐ方法や屋根・外壁の劣化状態の見極め方などご説明いたします。参加費も無料となりますのでよろしければご参加ください。正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)についてはこちらをご覧ください。お待ちしております。
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。