バルコニー笠木からの雨漏りへの対処方法

笠木

笠木は意外と繊細な部分

バルコニーの笠木部分は、実は意外と雨漏りしやすいところです。笠木は一見すると単純な構造に見えますが、実際には細かな防水がなされています。少しでも中途半端な施工をすると、すぐに雨が浸入します。

一般的な笠木の袖壁の部分は外壁と同じような構造をしています。外装材の下には通気層があり、その下には透湿防水シートが張られています。さらに見えないところに防水紙の2重張り、防水テープも施されています。トップの笠木部分は壁の断面に蓋をするような形で被さっていますが、その隙間にはしっかりとシーリングがなされ、雨水が入る余地はありません。

しかし、バルコニーに手すりが付いている場合、この防水が破れる場合があります。手すりには支持柱脚が付いており、これをスクリュービスで留め、ビスの上からシーリング防水で覆うようになっています。このスクリュービスは透水防湿シートまで貫通しているのです。

笠木上部のシーリングに不備があったり劣化したりすると、スクリュービスの頭の部分や手すり支持柱脚から漏水が発生します。これが雨漏りの原因となることがあるのです。雨漏りとして室内に雨が浸入していなくても、バルコニーの袖壁、床、受梁などに腐食が生じることもあります。

また、バルコニーの笠木には鋼(板金)が使われていることが多く、これが錆びることもあります。錆が進行すると笠木に穴が空き、雨水が浸入することになります。

補修する場合は、笠木の傷み具合によって補修方法が変わってきます。

破損がひどい場合は取り換えになります。鋼板を取り換えるのですが、長く雨漏りしていた笠木は下地の木材が腐食していることがあるので、下地も新しいものに取り換えます。防腐剤を用いて腐食しにくい下地を新設することも大事です。新しい鋼板も、できれば腐食しにくいアルミなどの素材にこだわりましょう。スクリュービスなどもステンレス製のものなどを用い、徹底的に腐食しにくい笠木にするのです。板の継ぎ目もシールする必要があります。

軽微な雨漏りの場合は笠木を留めているビスや釘の頭をシールし直して様子を見ることもあります。それでも雨漏りが止まらない場合は笠木の他の場所から浸水していることになります。

笠木と袖壁をつなぐシーリングも、寿命が切れていたら打ち直す必要があります。下を向いているシーリングはさほど重要に思えないかもしれませんが、雨は下から吹き上げることもあります。そういった場合にシーリングが効果を失っていれば、雨水が浸入する可能性が高まります。

[執筆者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
記事をご覧いただきありがとうございます。当ブログ記事は現場職人の視点から一般的な色について解説しています。
なお、プロタイムズ総研では実際の施工現場にて随時勉強会を開催しています。職人の立場から手抜き施工を防ぐ方法や屋根・外壁の劣化状態の見極め方などご説明いたします。参加費も無料となりますのでよろしければご参加ください。正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)についてはこちらをご覧ください。お待ちしております。
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。