雨漏りと庇

庇

意外に雨漏りしやすい部位

住宅には庇(ひさし)という部材があります。窓や出入り口などの開口部の上に取り付けられる小型屋根のことです。最近ではデザイン上の理由から取り付けられないことも多くなっています。また、隣地境界線などの関係で取り付けられないことも多いようです。

一般的には、庇が付いていると雨から外壁を守ることができるので、庇が付いていない住宅より雨漏りに強いと言われています。その一方で、庇の多くは水平に近い形で取り付けられるので、排水性が悪くなる傾向があります。また、取り付け時の施工不良などによって雨漏りが発生しやすい部位でもあります。庇からの雨漏りは外壁に浸水することになりますが、外壁の雨漏りは外観からはなかなか判別できず、壁内が知らないうちに傷んでしまうことがあります。すると外壁が剥離するだけでなく、構造体が腐食したり、庇が外れてしまう危険性も出て来ます。今回は庇からの雨漏りを疑うべきポイントを挙げておきます。

まず、庇周辺にのみコケが生える場合は雨漏りを疑う必要があります。これは、庇から雨水が浸入して壁内に結露が発生している証拠です。例え家の中に浸水していなくても、壁の中で腐食が進んでいる可能性があります。

庇周辺にひびが入っている場合は、庇と外壁の取り合い部の施工不良が疑われます。ひびからの浸水はシーリング処理やパテなどで防ぐことが可能ですが、施工不良が原因の場合は問題の根本的解決にはなりません。また新しいひびが入る可能性もあるので、修理が無理なようなら庇の取り替えも検討した方が良いでしょう。

他にも、庇をリフォームした後に雨漏りが発生する可能性も押さえておいた方がいいでしょう。例えば、老朽化した庇を貼り替える時、外壁の一部を切断して新しい板金を施工することがありますが、この板金の施工が不十分だと、雨漏りの原因になる場合があります。不良施工で板金が緩んでくると、外壁が少し盛り上がった状態になります。そこで地震が起きて外壁に亀裂が入れば、亀裂から板金の隙間を経由して雨水が浸入することになってしまいます。

あるいは、外壁との取り合い部以外でも雨漏りが発生する場合があります。例えば、庇の一部に板金を重ねて施工することがあるのですが、経年劣化によって板金の重なり部分から浸水することがあります。このような場合も、雨水が長期間に渡って浸入を続けた後で初めて雨漏りとして認識されるパターンが多いので、外壁等の下地に腐食が発生していることを疑わなければなりません。

[執筆者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
記事をご覧いただきありがとうございます。当ブログ記事は現場職人の視点から一般的な色について解説しています。
なお、プロタイムズ総研では実際の施工現場にて随時勉強会を開催しています。職人の立場から手抜き施工を防ぐ方法や屋根・外壁の劣化状態の見極め方などご説明いたします。参加費も無料となりますのでよろしければご参加ください。正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)についてはこちらをご覧ください。お待ちしております。
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。