雨漏りと葺き替え

葺き替え

屋根改修の“最後の手段”

何らかの理由で屋根の劣化を放置していると、やがて屋根は屋根の役割を果たせなくなります。本来であれば、塗装を塗り替えたり、割れた瓦や棟を修理したり、一部を補修すれば対応できていたものが、屋根のダメージが深刻化すると屋根材を剥がし、新しい屋根材に替えなければならなくなるのです(葺き替え)。多くの場合は下地の野地材や防水シートも取り換えることになります。また、近年では耐震対策を考え、雨漏り等の問題がなくても、瓦屋根から軽い屋根材に替えるケースも増えています。いずれにしても、既存の屋根を新しい屋根に替えることになるので、それなりのコストがかかります。

どうせ葺き替えをするのであれば、立派な屋根に新生させて家の寿命を延ばしたいところ。今回は屋根の葺き替えについて見ていきましょう。
まず、屋根の葺き替え方法は2つあります。屋根葺き替えとカバー工法(重ね葺き)です。

屋根葺き替えは、先にも述べたとおり、古い屋根材を剥がして新しい屋根を設置する方法です。葺き替えが必要なほどダメージを受けた屋根を放置していると、雨漏りが日常化して室内まで浸食されるようになります。すると屋根を修理しようと思ったら、部屋の中まで補修しないといけなくなり、余計な費用がかかってしまいます。そうなる前に屋根を葺き替えれば、屋根が新品になるわけですから、雨漏りは一切なくなります。また、より軽量な屋根材を使うことで建物の重心が下がり、地震にも強くなるというメリットがあります。特に瓦屋根を用いていると、丈夫でメンテナンスの手間が省けるのですが、どうしても屋根が重くなります。瓦屋根を軽い屋根材に替えれば大きなメリットが得られます。

しかし、屋根の葺き替えにも問題があります。古い屋根材の場合は、アスベストが入っていることがあるのです。すると処分するには専門の業者に頼まなければならないので、費用が増加してしまいます。あるいは、既存の屋根がスレート(コロニアルやカラーベスト)の場合、剥がす必要はないと判断される場合もあります。そのような時に用いられるのがカバー工法です。カバー工法は、新しい屋根で古い屋根を覆ってしまう方法で、撤去費用や処分費がかからないというメリットがあります。新規の屋根には、長寿命化を狙ってガルバリウム鋼板が使われることもあります。ただし、どうしても屋根の重量が増加しますので、耐震性については十分考慮する必要があります。

[執筆者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
記事をご覧いただきありがとうございます。当ブログ記事は現場職人の視点から一般的な色について解説しています。
なお、プロタイムズ総研では実際の施工現場にて随時勉強会を開催しています。職人の立場から手抜き施工を防ぐ方法や屋根・外壁の劣化状態の見極め方などご説明いたします。参加費も無料となりますのでよろしければご参加ください。正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)についてはこちらをご覧ください。お待ちしております。
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。