雨漏り前の塗り替え

屋根塗装

雨漏り予防としての塗り替え

雨漏り診断をしていると、屋根の塗り替え時期を過ぎているのに放置し、内部を雨水に浸食されて被害が拡大しているケースと出合うことがあります。ひどい場合は屋根の葺き替えが必要になり、多大な費用がかかってしまいます。逆説的になりますが、実は定期的に塗り替えをした方が不具合が出にくくなり、結果として安上がりなことが多いのです。

一般に屋根の塗り替え時期は10年とか5~8年と言われていますが、塗料メーカーや塗装業者が目安として言っているだけなので、当てにはなりません。実際には様々な条件が関係するので、必ずこうなるとは言えないのです。とは言え、塗り替え時期を知ることは重要です。今回は、簡単な塗り替え時期の判断方法をご紹介します。

前項でも述べましたが、塗料の種類や屋根材だけで塗り替え時期を判断することはできません。直射日光はどれだけ当たるか、風通しはいいか、湿度は高いかといった気象状況や、屋根の勾配や谷樋の有無といった屋根の形状、前回の施工の時、高圧洗浄やケレンは十分だったかといった施工状態など、様々な要素が関係してきます。では、どこで判断すればいいのか。

答えは“見た目”です。ただし、漠然と見るのではなく、次のような視点が必要になります(スレート屋根の場合)。

  1. 塗装の艶がなくなっていないか
  2. 色が薄くなっていないか
  3. 白くなっていないか
  4. 黒ずんだりしてはいないか
  5. 塗装が剥がれていないか

①から⑤の順番は、屋根塗装の劣化の進行具合を示しています。

塗装の艶がなくなるのは、塗膜が劣化し始めたサインです。まだ防水性は保たれていて具体的な影響は出ませんが、耐候性などは落ち始めています。
色が薄くなるのは、色味が変わり、くすんでくるからです。当然、塗膜の劣化は進んでいます。
白くなるのは、チョーキングと呼ばれる現象です。防水効果が切れてきたことを示すサインなので、一般的には塗り替え時期の目安とされています。

黒ずんだり、赤くなったりするのは、カビやコケが発生しているからです。塗膜が万全であればカビなどは生えません。雨水が塗膜を貫通し、屋根材が水分を含んでいる状態なので、この段階で塗り替えを行ってもすぐに剥がれてしまいます。

塗装が剥がれるほど屋根が傷むと、かなり危険な状態です。ひび割れから雨水が入り込んで下地が傷んだり、屋根材自体が外部にさらされて急速に劣化が進むようになります。

最も費用対効果が良いのは、③でチョーキング現象が見られるようになり、④でカビやコケが生える前の時期に行う塗り替えです。美観を重視するなら、それ以前に塗り替えを行っても良いでしょう。

屋根をよく観察し、適切な時期に塗り替えをすることが雨漏り予防にもつながります。

[執筆者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
記事をご覧いただきありがとうございます。当ブログ記事は現場職人の視点から一般的な色について解説しています。
なお、プロタイムズ総研では実際の施工現場にて随時勉強会を開催しています。職人の立場から手抜き施工を防ぐ方法や屋根・外壁の劣化状態の見極め方などご説明いたします。参加費も無料となりますのでよろしければご参加ください。正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)についてはこちらをご覧ください。お待ちしております。
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。