施工時の雨仕舞い

雨仕舞いの発想は雨漏り修理やリフォームだけに役立つものではありません。むしろ、施工時に雨仕舞いの発想を取り入れておくことが重要なのです。後述する捨てフェルトが良い例で、施工時に捨てフェルトを組み込んでおくだけで雨漏り耐性はグッと上がります。水切りも同様です。デザイン上嫌われる場合もありますが、施工時に適切に設置しておけば防水性が高まります。

捨てフェルトの設置

捨てフェルトとは、外壁の下葺き材の捨て貼りのことをいいます。一般的に、外壁には仕上げ材の下に下葺き材(アスファルトフェルト)が施工されます。捨てフェルトは、この両者の中間に設置される捨て貼りです。具体的には、サッシ周り、庇周り、シャッター周り、バルコニー周り、換気フード周りなど、開口部の下に垂らすように捨てフェルトを設置します。すると、万が一外壁から雨水が浸入しても、捨てフェルトで水は上から下に自然に流れ、内部にまで侵入することはありません。このような防水を2次防水と言います。水切り材の継ぎ目にも、捨てシーリングが施されることがあります。これら「捨て」の部分は工事が仕上がると外見上は見えなくなりますが、防水上は重要な役割を果たします。なお、住宅会社の施工では、昔は捨てフェルトを貼るということをしていませんでした。そのため場合によっては雨漏り修理やリフォームの際に新たに設置することになります。

水切りの設置

ハーフィティンバーと呼ばれる建築技法があります。柱や胴差、軒桁や筋違いなどの骨組みを外にむき出しにしたり、化粧材を外部に取り付けたりするのですが、この取合い部分をシーリング材のみで防水していると、シーリング材が寿命を迎えた時に雨漏りする場合があります。胴差などはちょっとした出っ張りなのですが、それでも上から下に流れる水を受ける部分なので油断はできません。理想的なのはハーフティンバーの上部に水切りを設けることです。外観上はない方がすっきりするのですが、水切りがあれば壁面を流れ落ちる雨水を外に排出することができるため、防水効果は格段に高まります。雨漏り修理やリフォームの際、防水性を上げるために増設することが可能です。

なお、他にも雨仕舞いの発想を活かした施工は多数行われており、ここに挙げたのは代表的な例に過ぎません。雨漏りは建物によって違う要因で起こり、違う浸入経路をたどります。したがって、雨漏り修理だけでなく、雨仕舞いにも臨機応変な対応が求められます。雨漏り奉行では、それぞれの建物に合わせた雨漏り修理をご提案させていただきます。

サッシ

雨漏りとサッシの接着〜施工不良から起こる雨漏り

サッシ周りから雨漏りがするのでサイディングを外し、透湿防水シートを取り除いてみると、壁の内部がボロボロになっていることがあります。透湿防水シートの裏にも染みができていることがありますが、これは木部のアク(灰汁)が移ってしまうから。木のアクは左官材料や仕上材が吸い上げることで壁などに染みとなって現れることもあります。アクが出るほど浸水がひどい状態だと、木部は当然アクで汚れていますし、防水テープも接着力が低下しています。こういったケースでは外見からは雨漏りの状況がわからず、中を覗いてみて初めて断熱材まで傷んでいたり、シロアリが発生していることがわかるものです。こうなると木部の補強、断熱材の交換、透湿防水シートの張り替え、サイディングの交換など、大規模な補修が必要になります。

壁の内部が悲惨なほど傷んでいるケースは、実は築浅物件でも起こっています。つまり、完成後間もなく浸水が始まっているのですが、何年か経過して室内で雨漏りが起こるまで発覚しないのです。このような場合はたいてい施工不良が原因となっています。

サッシ周りからの雨漏りの原因は主に2つあると言われています。まず、サイディングやシーリングの劣化などによって隙間が生じてしまうケース。いわゆる経年劣化です。もう1つは、サッシのフィン・防水テープ・透湿防水シートが一体化できていない施工不良になります。

例えば、フィンに両面接着性のテープを貼り付ける場合は、ヘラやローラーなどできちんとテープを圧着させて、シワが残らないようにする必要があります。そうしないと、毛細管現象でシワに雨水が浸入する恐れがあるからです。先に述べたような壁の内部がボロボロになるケースでは、毛細管現象でサッシ周辺に滞留した水が吸い上げられ、木部に染み込んで被害を拡大させていることがあります。

こういった雨仕舞いは仕上材まで施工が終わると確認できなくなってしまいますので、施工前に情報を共有しておく必要があります。

他にも、下処理として塗布するプライマーに不備があるとシーリングが剥がれ、サイディングに隙間ができてしまうこともあります。また、先述したように経年劣化によって隙間が生じることもあるので、外装材には通気工法が用いられることが多くなっています。通気工法では外装材と透湿防水シートの間に通気層をつくるので、劣化によって浸水しても雨水は通気層を流れ落ちます。
(参考:日経ホームビルダー編『雨漏りトラブル完全解決』日経BP社)

[執筆者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
記事をご覧いただきありがとうございます。当ブログ記事は現場職人の視点から一般的な色について解説しています。
なお、プロタイムズ総研では実際の施工現場にて随時勉強会を開催しています。職人の立場から手抜き施工を防ぐ方法や屋根・外壁の劣化状態の見極め方などご説明いたします。参加費も無料となりますのでよろしければご参加ください。正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)についてはこちらをご覧ください。お待ちしております。
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。