雨漏りと太陽光パネル

太陽光パネル

太陽光パネルが引き起こす“予想外”の事態

伝統的な雨漏り防止の知恵として「雨仕舞い」があります。簡単に言えば、雨水をせき止めて防水するのではなく、浸入しようとする雨水を建物の外部へと導いて雨漏り被害を防ぐのが雨仕舞い。長い時間をかけて蓄積されてきた叡智であり、特に木造建築物には必ず取り入れられている考え方です。目立ちませんが、建材の丈夫さに依存せずに仕組みによって防水することができる、先人の知恵の結晶と言えるでしょう。

基本的には、普通に家を作っていれば雨仕舞いの恩恵を受けることができます。しかし最近では、エコブームの副作用によって雨仕舞いが損なわれる事例が出ています。

例えば、公的な補助金制度が整備されたり、売電制度が法制化されたりして、太陽光発電が人気です。最近では新築で最初から太陽光発電システムを備えている住宅も珍しくありません。しかし、とりわけ後付けで太陽光発電システムを取り付ける場合、意外な問題が生じることがあります。

太陽光発電パネルはかなりの重さがありますが、建物全体と比べれば大したことはありません。しかし、屋根にとっては想定外の負担になることがあります。屋根は人が通行する場所ではないので、建物本体ほどの強度はないのです。パネルを載せると屋根が変形し、雨漏りの原因になることがあります。また、パネルを固定する際にブラケットと呼ばれるねじ釘を使うのですが、パネルが風で動くとねじがゆるみ、雨漏りの原因となる事例が多発しています。

ルーフィング材(下葺材)の劣化の問題もあります。現代の多くの家は、釘やビスなどによってルーフィング材を貫くことで屋根を野地板や垂木に固定しています。この穴から浸水しないのは、ルーフィング材が弾力性のある素材で作られており、穴と釘等の隙間を塞いでいるからです。しかし、ルーフィング材も劣化しますので、築年数を重ねた屋根に太陽光パネルを取り付けると、新たに空けた穴から雨漏りが生じる可能性があります。さらに、例え新築であっても、パネル設置のためにルーフィング材を損傷させたり、想定以上の大穴を空けるような工事をしてしまうと、やはり雨漏りの危険性が高くなります。

加えて、太陽光発電パネルによって屋根面が高くなるため、雪止めが機能せず、高速で雪が落ちるという問題もあります。凍った雪は危険ですし、勢いがついた雪が隣家に落下することもあり、その場合は設計・施工に瑕疵があると言われてもしかたないでしょう。

太陽光発電パネルの歴史が浅い以上、施工は慎重に行う他ありません。それと同時に、屋根の変形や雨漏りなどに気を配り、問題があれば素早く対処する必要があります。

(参考:国民生活センター『屋根をめぐる「現代的」な課題』)

[執筆者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
記事をご覧いただきありがとうございます。当ブログ記事は現場職人の視点から一般的な色について解説しています。
なお、プロタイムズ総研では実際の施工現場にて随時勉強会を開催しています。職人の立場から手抜き施工を防ぐ方法や屋根・外壁の劣化状態の見極め方などご説明いたします。参加費も無料となりますのでよろしければご参加ください。正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)についてはこちらをご覧ください。お待ちしております。
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。