タイル壁の雨漏りによる劣化

タイル壁

耐久性に優れたタイルの内側が劣化する?

集合住宅やオフィスビルなどを見ると、タイル壁を使った建物が多いことがわかります。タイル自体は非常に耐久性に優れた素材なので、風呂場や洗面所など、様々な場所で使われています。しかし最近では、マンション外壁のタイルの剥落による事故や目地部分からの雨漏りなどによって、敬遠する向きもあるようです。

タイル壁の劣化には、タイルの浮きや目地シーリングの亀裂、モルタル目地の欠損など、いくつかの種類があります。初期の損傷であれば、その部分だけを修理すれば事足ります。例えば、室内に雨漏りがしている場合、赤外線サーモグラフィーで外壁を調査すると、タイル面は大丈夫なのに、内部に亀裂が入っていることがあります。こういった場合は亀裂を塞いで、必要な部分にタイルを貼り直します。

この時、建築当時のタイルが今でもあれば良いのですが、すでに製造中止になっていることも多々あります。その場合は同色のタイルを見つけてくるか、近似色のタイルで工事することになります。

あるいは、ALCの家にタイル外壁を用いたら、1階の基礎部分からひどい雨漏りが起こってしまった事例もあります。ALCは水に弱いので防水層が必要なのですが、まれにタイルを直張りにすることがあります。するとタイルの目地は薄いので、雨が染み込んでALCが水を吸ってしまうことがあるのです。建物の壁面は大きいのでたくさん水を吸ってしまい、基礎部分からは大量の水が湧き出すことになってしまいます。

この場合は、そもそも壁に防水層がないので、上から金属サイディングで新しい壁を作るカバー工法を行うことになりました。サイディングは雨仕舞いに優れているので、最適な修繕法と言えるでしょう。

このようなケースでなくとも、タイル壁を修繕する場合は、壁全体を補修しなければならない場合があります。なぜなら、目地シーリングが破れたり、タイルの浮きが発生したりした場合は、目に見えない他の箇所でも劣化が進んでいることがあるからです。いわゆる経年劣化は、特定の欠陥が原因ではなく、全体で進行するものです。このためタイル壁の補修方法もバリエーションが増えています。

例えばひび割れや剥落を防止する工事の他にも、タイルに防水工事を施す場合があります。この場合は耐久性の高い透明塗膜の塗料を用い、外壁全体を強化します。他にもひび割れたタイルを貼り替えなくても水漏れや剥落を予防できる工法や、セルフクリーニング効果を付加する光触媒コーティングなど、タイル工事も進歩を遂げています。

[執筆者]池上政之(プロタイムズ総研現場革命部)
池上政之
記事をご覧いただきありがとうございます。当ブログ記事は現場職人の視点から一般的な色について解説しています。
なお、プロタイムズ総研では実際の施工現場にて随時勉強会を開催しています。職人の立場から手抜き施工を防ぐ方法や屋根・外壁の劣化状態の見極め方などご説明いたします。参加費も無料となりますのでよろしければご参加ください。正しい塗り替え勉強会(施工現場見学会)についてはこちらをご覧ください。お待ちしております。
最高品質の名工たち一級塗装技能士
ここまでやります!外壁・屋根診断
0120-918-303|メールによるご相談はこちら
ナビ

プロタイムズ総研とは
企業理念と会社概要

求人情報

0120-918-303|メールによるご相談はこちら

プロタイムズ総研は10,000件以上の施工実績があります。
外壁塗装・屋根塗装の前に必ず現地調査をして屋根外壁の塗装面積を算出し明記しています。
「金額が明朗でわかりやすい」とお客様にご納得いただいております。